ビーコン設定でWi-FiのPing値と検出率を最適化

スマホ,パソコン,情報

通信速度を改善する方法を紹介しているサイトは多く、

調べればたくさん情報が見つかります。

当サイトでも通信環境の最適化について取り上げる予定ですが、

まずは、どこも紹介していないような方法を紹介したいので、

今回はルーターのビーコン間隔の変更についてご紹介していきます。

少しやりすぎな上級者向けの解説です。

ビーコン間隔

ルーターはアクセスポイントの情報(SSID)の存在を検知してもらう為に

ビーコンを定期的に飛ばしています。

検出速度を上げる

おそらくこの記事を読んでいる大半の人は、

Wi-Fi一覧からアクセスポイントを探して接続する作業をしたことあるはず。

こんな体験はしたことありませんか?

Wi-Fiを接続しようとアクセスポイントを見ても一覧に表示されるのが遅い。

ビーコン間隔下げるとこの検出速度を上げることが可能です。

通信効率を上げる

いつ新しい接続がくるかわからないので、

通信最中も常にビーコンを飛ばし続ける必要があります。

ただ、ビーコンを飛ばす作業が入る分、

通信効率が下がってしまいます。

ビーコン間隔を上げと作業間隔が減り

通信効率があがります。

効果

ビーコン値を上げる。

Ping値や速度の改善に繋がります。

速度は変動が激しく効果があったのかわかりませんでしたが、

Ping値は実際に設定に比例して変動しました。

(Pingについてはまた別記事で紹介予定です。)

ビーコン値を下げる

ビーコン間隔を下げるほど検出速度があがります。

ビーコン間隔を開けるほど検出に時間がかかりました。

設定方法

基本的にどのルーターでもビーコン間隔の設定は変更できますが、

設定が変更できないルーターもあります。

今回はNURO光の標準ルーターの1つ、

HG8045Qを例にご紹介します。

①ルーターの設定画面にアクセスする。

「ルーターの型番+設定画面」で検索すると見つかるはずです。

HG8045Qの場合は、ブラウザから「192.168.1.1/」にアクセス

②IDとパスワードでログイン

(初期 IDとパスワードはルーター裏面に表記があるか「Admin」

WLANネットワーク設定

ルーターにより場所が異なります。

2.4Ghz、5Ghz別々でビーコン間隔が設定できる機種もあります。

④ビーコン間隔の変更

検出速度重視の場合は値を下げる。効率重視の場合は値を上げる。

最後に

サーバーとのタイムラグ(Ping)を重視する場合や、

Wi-Fi検出効率を重視する場合と、

使い方によってビーコン値の変更もありだと思います。