VMware無償版のダウンロード方法

パソコンMacアプリ,vmware

「VMware Fusion 16.0」と 「VMware Workstation 12.0」 が 個人利用無料になりました。

Vmwareには複数の種類がありますが、

「VMware Fusion 」が Mac用で「VMware Workstation」が Windows用と Linux 用です。

今回はVMware Fusionのダウンロード方法を流れにそって解説していきます。

ダウンロード方法

VMwareの公式サイトにアクセス

アカウント作成

ダウンロードにはアカウントが必須になるのでまずアカウントを作成していきます。

右上の[ログイン]に進みます。

ようこそMy Vmwareと ログイン画面 が表示されたら、

[今すぐ登録できます]からアカウントの作成をしていきましょう!

作成画面では 表記通り入力していきます。

なぜかビル名が必須科目になっていますが、ない場合は一軒家など適当に入れておきましょう。

登録後、入力したメールアドレスにVMwareから確認メールが届きます。

【有効にする】のリンクからアクティベーションを実行画面に移動します。

先ほど決めたパスワードを入力してアクティベーションの実行をクリックしましょう。

これでアカウント作成が完了です。

ダウンロード

もう1度VMwareの公式サイトを開き

「ダウンロード」タブにある「製品のダウンロード」から「Fusion」を選びましょう。

製品のダウンロードから、

【VMware Fusion 12.1.0 (for Intel-based Macs) 】のダウンロードをクリック

(BigSur対応)(M1チップのMacは非対応)

今すぐダウンロードをクリック後の同意画面で同意でダウンロードが始まります。

ライセンス

ダウンロード、インストール後にライセンスキーの入力が必要です。

個人利用は無償でライセンスの発行ができます。

【無償のライセンスキーの取得】ボタンをクリックするとライセンス発行ページに飛びます。

ページに行けない場合

なぜかChromeブラウザを使用するとライセンスが発行ページに行くはずが製品一覧ページに移動してしまいます。

Chromeブラウザでライセンス発行ページに行けない場合はURLをコピーしてSafariなど別のブラウザで試してみてください。

【Licence&Download】、【Licence Information】にある

(LICENSE KEYS)の番号がライセンスキーです。

ドライバ

ドライバツールタブの【VMware Fusion Drivers and Tools】は、

ドライバと表記がありますがとありますが、Fusion PC Migration Agentのダウンロードです。

これはWindowsPCから仮想マシンにデータ移行する為のツールです。

データ移行が必要でない場合はダウンロードしなくて大丈夫です。

仮想マシンに必要なドライバはダウンロードの必要がありません。

必要なドライバは仮想マシンの構築後

「Macのメニューバー」の「仮想マシン」に「VMware Toolsのインストール」を選択後、

デバイスとドライブに「DVDドライブ(D:)VMware Tools」がマウントされているのでそこからドライブのセットアップが可能です。