Safariのタブ開きすぎ【バッテリーに影響する?】負荷率を検証!

スマホ

スマホにもPCと同じようにメモリやCPUがあります。
メモリやCPUの消費が大きくなると、
消費電力が大きくなりバッテリーが減るのが早くなってしまい、
メモリやCPUが足りなくなると動作が重くなってしまいます。

iPhoneのSafariは、バックグラウンドのとき、
はメモリを消費するのか、タブ数によって変動するのか、
気になったので調べてみました。

Safari起動中

タブ数: 1

RAM使用率 : 57.4MB〜73.5MB
CPU使用率: 無操作: 0%、操作中 : 24.5%

最初は57.4MBでしたがいつのまにか73.5MBになっていました。

タブ数 : 2

RAM使用率 : 78.2MB〜81MB
CPU使用率 : 無操作: 0%、操作中 : 15.9%

78.2MBでしたがリンクを押した後81MBになりずっと維持されています。

タブ数 : 3

RAM使用率 : 83MB〜92.8MB
CPU使用率 : 無操作: 0%、操作中 : 16.3%

今まで当ブロクの閲覧で検証してみましたが他のサイトも開いてみました。

タブ数 : 10

RAM使用率 : 97.3MB〜103.1MB
CPU使用率 : 無操作: 0%、操作中 : 23.2%

他のタブに戻ると : 一瞬112MBまで上がりその後81.3MBまで下がりました。

タブ数20

RAM使用率 : 78.3.3MB〜90.3MB
CPU使用率 : 無操作: 0%、操作中 : 21.4%

逆に使用率が下がりました。

結果

・CPU使用率はタブ数に関係ないことがわかりました。
・メモリは途中まで比例して上がっていましたが、
タブ数が増えてもそれほど負荷はかからない仕組みのようです。

Safari起動外

タスクあり

ホーム画面

タブを1つ開いた状態
RAM使用率 : 24.7MB
CPU使用率 : 0%

タブを20個開いた状態
RAM使用率 : 34.7MB
CPU使用率 : 0%

アプリ起動中

Twitterアプリ
RAM使用率 : 24.7MB

荒野行動
RAM使用率 : 18MB

タスクなし

RAM使用率 : 0%
CPU使用率 : 0%

まとめ

・どれだけタブを開いていても負荷はかからない。
・CPUタブ数関係なくサイト操作のときのみ。
・タスクを終了していない場合は多少メモリを使用している。
・アプリを開いたり高負担アプリになると自動でメモリを開放してくれる。
・タスクを終了するとメモリとCPUの使用率は0%になる。

タブ数、メモリ使用率は気にしなくても大丈夫!
整理すると必要なタブやアプリをさっと開けて便利なので、
今まで通りタブ削除とタスクの終了はしていく👍