一時的にスリープさせないMacアプリ 【日本語・無料】

MacMacアプリ

ダウンロード中に自動スリープになってしまい、ダウンロードが失敗してしまった経験はありませんか?

一時的に自動スリープをオフにするアプリを使用することで解決できます!

自動スリープを一時的に無効にするアプリは多数ある中、

特におすすめなアプリをご紹介します!

Ampheatamine

今まで類似ソフトを(いろいろ試して)使ってきましたが、

このアプリに出会い乗り換えました。これからもずっと使っていきます!

特徴

無料(広告無し)

有料でもおすすめできるアプリなのに無料!

日本語に対応

類似ソフトは多数ありますが(日本語対応はこのソフトだけ?)

アップデートが早い(Bigsur対応)

今後MacOSのアップデートで使えなくなることはなさそうです。

シンプルなのにすごく高機能

使い方

画像の通り、日本語対応でシンプルでわかりやすいUIです。

使い方はメニューバーから(Ampheatamine)のアイコンをクリックすると時間指定することが可能です。

・[無期限に]では、解除するまでスリープされません。

・[アプリが開いている間]では指定したアプリの起動中はスリープされません。

・[ファイルをダウンロードしている間]では、ダウンロード中はスリープされません。

実行中

[今のセッションを終了]で解除することができます。

[セッションを延長]ではスリープさせたくない時間を追加できます。

[ディスプレイのスリープを許可]では、

ディスプレイのみ自動スリープ(ダウンロードなどは中断されません。)

設定

すごく細かくカスタマイズすることが可能です。

・ログイン時にこのアプリ(Amphetamine)を自動起動

・メニューバーアイコンの変更(月/太陽やコーヒーやフクロウなど)

・メニューバーの残り時間表示の設定(カスタマイズ)

・Dockからアプリ(Amphetamine)を隠す

・メニューバーアイコンをワンクリックするだけで開始できる設定

・ショートカットやトリガーの作成

・スケジュールの作成

・通知機能 (通知センターの通知の自動削除)(開始時や終了時にサウンドを再生)(警告音)など

・システムコントロール (マウスポインターを自動で動かす機能など)

その他細かな設定が可能です。

ダウンロード

AppStoreから無料でダウンロードできます。

最後に

実際使ってみると丁寧に作られているのが伝わってきます。開発者に感謝です。