• ホーム
  • 禁煙もどき!アイコスで禁煙した気にならないで

禁煙もどき!アイコスで禁煙した気にならないで

2020年05月08日

アイコスはフィリップ・モリス社が製造及び販売元となっている加熱式タバコでして、従来の紙巻きタバコのようにライターやマッチなどで先端に着火して喫煙するのではなく、専用のキットを用いてタバコを蒸すことにより水蒸気を発生させ、それを吸う仕組みとなっています。
そしての水蒸気の風味を味わう形となってます。

2017年の3月に新たな

  • フレーバーマールボロ・ヒートスティック・スムース・レギュラー
  • マールボロ・ヒートスティック・パープル・メンソール

の2種類が加わり

  • マールボロ・ヒートスティック・レギュラー
  • マールボロ・ヒートスティック・バランスド・レギュラー
  • マールボロ・ヒートスティック・ミント
  • マールボロ・ヒートスティック・メンソール

の4種類を合わせ、現在6種類のアイコス専用タバコが販売されています。

まだまだ種類は少ないですが、これからは「パーラメント」や「ラーク」などの銘柄から新たなヒートスティックタバコが出るとの噂もあり、ラインナップに関しては今後充実していく見込みです。
また専用キットも様々カラーバリエーションがあり、デザインも秀逸で、今までのタバコのイメージとはかけ離れたオシャレな作りになっています。
都内には続々とアイコスショップがオープンしているので、興味のある方は訪れてみてもいいでしょう。

アイコスの専用キットはUSBケーブルを用いて充電が可能であり、PCなどに繋いでの充電が可能です。
従って、外出先などでバッテリー切れになって喫煙出来ないということを心配する必要もないでしょう。
さてこのアイコスですが、今までの紙巻きタバコと違い煙ではなく水蒸気を吸引する形をとることから、これを無害ととらえている喫煙者の方もいらっしゃることと思います。
確かに葉っぱを燃やす従来のタバコよりは、タールやニコチンの摂取量は軽減されます。

しかしながら、水蒸気の中にはそれらが含まれており、当然ながら体に有害であります。
実際に水の入った灰皿に吸い終わったタバコを入れてみると瞬く間に水が黄色っぽく変色していきます。

ですから禁煙を目指す人はこれを吸うこと自体は普通の喫煙であり、あくまで最終的な目標は一切の喫煙をしないこととしてください。
アイコスそのものは禁煙補助には使えても、それ以上にはなりえません。
それから、当たり前ながらアイコスもタバコの一種ですので、全面禁煙とされている場所で吸うことは法律で禁止されています。

アイコスは煙が臭くないから家族には喜ばれる

家族がいるから自宅でタバコが吸えない、あるいは吸ったら衣服に臭いが付いて嫌がられるなんて経験をした方は少なくないでしょう。
実際にタバコから流れる副流煙の害はフィルターを通していないということもあり、主流煙以上に大きくその差は4、5倍に上るともいわれています。

そんな方にこそアイコスがお勧めです。
アイコスは喫煙の際に水蒸気を発生させ、その臭いは独特なものでありますが、副流煙自体はさほど発生せず、また今までの紙巻きタバコのように副流煙が衣服に付着することもありませんので、お子さんや喘息持ちの方のいる家庭でも楽しむことができます。

近頃の健康ブーム、禁煙ブームの影響からか奥さまから喫煙者の旦那さまへのプレゼントとしても人気があります。
味の方も、現在出ている「マールボロ・ヒートスティック・メンソール」は紙巻きタバコの「マールボロ・メンソール」シリーズと遜色なく、味が薄かったり、純粋にまずかった従来の蒸気タバコからの革新を成功させています。

喫煙者の方は、今までの紙巻きタバコよりもアイコスに十分に満足できると思います。
ですが、全国的に人気で専用キットはしばらく品切れ状態必至になっているので探す必要があるかもしれません。